さくらが帰ってきたことで、ついに魔法を学べると喜ぶアイシア。だがさくらは魔法を教えてくれなかった。冷たく拒否されアイシアはショックを受けてしまう。しかも純一にすら理由を聞いても、ごまかされるだけで満足に教えてもらえないのだった。2年前のできごとが原因であることを知ったアイシアは――。
魔法が危険?
分からない……魔法はみんなを幸せにするものなのに。
芳乃お婆ちゃんのお孫さんが、そんなことを言うなんてガッカリです。
二年前?
分からない……その時、初音島に何があったかなんて。
純一は何も教えてくれません。
ねえ、ことり……。
ことりは教えてくれますか?
私の知らない、その頃の全てを……。
|introduction||#01||#02||#03||#04||#05||#06||#07||#08|
|#09||#10||#11||#12||#13||#14||#15||#16||#17||#18|
|#19||#20||#21||#22||#23||#24||#25||#26|