STORY CHARACTERS STAFF INTERVIEW GOODS PRESENT RADIO

 
★第1回
野川さくら
朝倉音夢役

★第2回
アフレコ合同
インタビュー

★第3回
泰 勇気
朝倉純一役

★第4回
堀江由衣
白河ことり役

★第5回
松木未祐
鷺澤頼子役

★第6回
松岡由貴
水越眞子役

★第7回
神田朱未
天枷美春役
★第8回
伊月ゆい
水越萌役
★第9回
岸尾大輔
杉並役
★第10回
田村ゆかり
芳乃さくら役
★第11回
映像特典
撮影レポート
★第12回
桃井はるこ
うたまる役

★第13回
最終回 合同
インタビュー


 
INTERVIEW



みんな、キャラクターが可愛いじゃないですか。埋もれるのも嫌だし、かといって突出するのもいやだなと思っています。自然に可愛ければいいなあと思います…。






―― 初音島は年中さくらが咲いているという、なんとも不思議な島です。そんな島に住んでみたいと思いますか?
田村 はい。花粉症がなければ、いいなあと思いますね。でも、何かしらアレルギーがあってぐすぐすしているんです。あと、毛虫とか……虫がいなければいいですよね。虫が駄目なんですよ。ちょうちょみたいな虫も駄目なんです。花だけならいいんですけどね。付属物がなければ(笑)
―― 桜以外に、一年中咲いていて欲しいお花はありますか?
田村 桜が一番綺麗ですよね。金木犀もいい匂いだし、いいですよね。あとは、木じゃないんですけど、ラベンダーはいいかも……。やっぱり、いい匂いですよね。
―― さて、舞台である初音島は島ということですが、田村さんは島に関する思い出はありますか?
田村 島ですか。島って、行ったことがないかもしれません。船とか乗っていくところが、島ですよね?
―― 行ってみたい島などはありますか?
田村 沖縄! ……沖縄は島って言っていいんですか? でも、沖縄は行ってみたいですね。海が綺麗そうですし。海外は怖いので、日本の中の島がいいです(笑) 北海道とか……。
―― ところで、初音島にはささやかな奇跡が起きるといいますが、田村さんはもし起こせるならどんな奇跡があるといいですか?
田村 むずかしーい! 何だろうな? でも、小鳥の能力ってうらやましいですよね。あ、雲の上に乗りたいです。雲を自由自在に操りたいですねー。金斗雲みたいな雲が欲しいです。移動するのが楽ですよね。

―― 水越姉妹といえば鍋ですが、田村さん的にプッシュしたい鍋は何ですか?
田村 普通にすき焼きとかがいいですね。へんてこな鍋はちょっと(笑) ひとりで鍋はしないので、鍋ってお正月にするくらいかもしれません。でも、友達と、今年は鍋やりたいなあって思っているんですよ。もう水炊きって約束しているんですけど。友達が「水炊き知らない」と言っているんで……。
―― 鍋の〆には何を使いますか? ラーメンを使う方もいるようですが……。
田村 卵を入れて、雑炊作ったりとかしますね。ラーメンは……お腹いっぱいですよ。でも、雑炊は美味しいですよね、お腹いっぱいでも。
―― 他にはどんなお鍋をしますか? 冬ですからおでんとかどうでしょう。
田村 おでんって鍋ですか? でも、確かに鍋っていえば鍋かもしれませんね。
―― 鍋で煮るのでおでんも鍋ですよ(断言) おでんの具で好きなのは何ですか?
田村 卵! 自分でおでんを作る時って、卵の分量が異常に多いんですよね。1パック入れちゃったりします。あとは、餅入り巾着とか好きですね。

―― 美春は犬、ことりは小鳥……では田村さんは自分を動物にたとえると?
田村 私はウサギです。ウサギだけど……あとはネコかな。さびしがりやなところがウサギっぽくって、気紛れなところがネコっぽいって思います。
―― ネコというと、ネコのテーマパークがありますよね。
田村 ネコたまですね。行ったことがあるんですが、全然ネコが懐いてくれなくて、すっごい寂しかったです。ネコじゃらしがあっても知らんぷりされてしまって。ネコが好きなしゃぼん玉ですよ、と言われたのでやってみたんですけど、「しらーん」って顔されてましたよー。人慣れしてるのかな? ふーってされちゃいました。
―― ウサギは飼ったことがあるんですか?
田村 ウサギはないですね。ネコは飼ったことあるんですが。
―― では、今飼ってみたい動物はいますか?
田村 やっぱりネコですね。ネコが飼いたいです。



―― 今回演じている芳乃さくらという女の子に、どういった印象をお持ちですか?
田村 さくらは結構複雑な子ですよね。でも無邪気で可愛いなあって思います。あとは、大変そうだな、とも。
―― 演じる上で気をつけた点などありますか?
田村 わざとらしい可愛さにならないといいな、と思いながら演じました。



―― 「ダ・カーポ」はだだあま度200%のストーリーが特徴です。田村さんの『だだあま』ってどんな感じですか?
田村 『だだあま』はいいですよね。『だだあま』されたいですね。……使い方間違ってますか? 『だだあま』の語源って何ですか?
―― めちゃくちゃ甘い、ということですね。
田村 甘やかす、の方だけということじゃないんですね。じゃあ、だだあまりたいですね! ……合ってるのかな、使い方。
―― どんな風に甘やかされたいですか?
田村 私の望んでいる結婚生活というのがあるんですが、ひたすらいいこいいこされたいというものなんです。『だだあま』ですよね? そういう生活を望んでいるので、『だだあま』いいですよね。夢のような世界ですよね。ずーっと、よしよししてもらいたいみたいな、って思います。



―― 最後に、本作品ではどんなところに力を注いでいきたいですか?
田村 みんな、キャラクターが可愛いじゃないですか。だから、埋もれるのも嫌だし、かといって突出するのもいやだなと思っています。自然に可愛ければいいなあと思いますね。目立ちすぎずに。
―― ファンの方々にひとこと……。
田村 もう物語も佳境になってきていていますよね。今収録してる現段階で、みんな自分の演じているキャラクターがどうなるんだろう? っていうのが心配でもあり楽しみでもあり、な状況です。みなさんもぜひぜひ楽しみにしていてください!