STORY CHARACTERS STAFF INTERVIEW GOODS PRESENT RADIO

 
★第1回
野川さくら
朝倉音夢役

★第2回
アフレコ合同
インタビュー

★第3回
泰 勇気
朝倉純一役

★第4回
堀江由衣
白河ことり役

★第5回
松木未祐
鷺澤頼子役

★第6回
松岡由貴
水越眞子役

★第7回
神田朱未
天枷美春役
★第8回
伊月ゆい
水越萌役
★第9回
岸尾大輔
杉並役
★第10回
田村ゆかり
芳乃さくら役
★第11回
映像特典
撮影レポート
★第12回
桃井はるこ
うたまる役

★第13回
最終回 合同
インタビュー


 
INTERVIEW



他人の恋愛については、結構細かく気付いて、いろいろ気にしてはいるんですが、自分の恋愛については……。ある意味、まだ子供なんじゃないでしょうか。






―― 初音島は年中さくらが咲いているという、なんとも不思議な島です。そんな島に住んでみたいと思いますか?
岸尾 住んでみたいですね、せっかくだから。春に行ってみて、春の間に帰ってきて「いやぁ、一年中桜が咲いてたかどうか、よくわからないなあ〜、春だったから」とか言ってみたいですね(笑)冬の桜とか見てみたいです。それで一杯やったら、美味しそう。
―― 桜以外に、一年中咲いていて欲しいお花はありますか?
岸尾 杉花粉とか、そういうのだけ避けてくれれば……。アレルギーにならないものなら、何でも色とりどり咲き乱れれば、幸せになっちゃうんじゃないですかね。
―― 花粉症なんですか?
岸尾 結構つらいんですよ、アレルギー。杉だけ、滅亡してくれればね……。ソレ以外は咲いてくれればいいんですけど。今年も花粉症は大変でした。年を越すとそろそろ大変な時期がやってくるので、それを踏まえてキャスティングしてください。「鼻が詰まってるキャラだな」というキャラがいたら、使っていただけると、ナイスな芝居をします(笑)
―― さて、舞台である初音島は島ということですが、岸尾さんは島に関する思い出はありますか?
岸尾 しまうまは見たことはあるんですけど。……微妙なボケですね。初音島は大きい島なんですか?
―― 四国の1/4くらいですかね? 勝手な憶測ですが。
岸尾 それほど大きくないですね。島というと小さい、というイメージがありますが。でも、普通に海とか空が好きなので、島に行ってぼーっとしたいなと思いますね。体育座りで、ぼーっと寂しそうにしたい(笑)あと、語感的にニュージーランドとかいいですね。変わった鳥とかいそうだし、気候も良さそう。
―― ところで、初音島にはささやかな奇跡が起きるといいますが、岸尾さんはもし起こせるならどんな奇跡があるといいですか?
岸尾 まず、初音島消してみたいね(笑)根底から覆すこととか好きなんです。まあ、それを奇跡と言うかは分からないですが。地味なところから行くと、調子の悪いところが治ったり、花粉症が治ってくれたり、そんな些細な幸せでいいです。あんまり大きいことは望みません。あとは、身長をちょっとください。10センチくらいくれたらいいです(笑)

―― 水越姉妹といえば鍋ですが、岸尾さん的にプッシュしたい鍋は何ですか?
岸尾 こないだ知ったんですけど、鍋ってすごい種類あるんですね。鍋110選とかありますよね。やる鍋といったら、しゃぶしゃぶかチゲか、すき焼きか、水炊きか、というくらいです。でも、素材が良ければ何でもいいですよね。中でも、しゃぶしゃぶはよく食べます。今年の頭は、100グラム1800円のしゃぶしゃぶい食べましたよ。肉の食べ比べもしました。500円から1800円まで6種類の肉を食べ比べしましたね。1800円の肉はとけましたよ、口の中で。みなさんも年を越す時は、高い肉を食べて鋭気を養って下さい(笑)
―― やっぱり高いお肉が一番でしたか?
岸尾 そんなこともないですね。1000円くらいがちょうどいいんですよ。食べごたえがありますから。1800円の肉だと本当にとけちゃうので、いくら食べてもあ全然お腹にたまらなくて。1000円くらいだと、ちょうどそこそこ噛みごたえもあって美味しかったです。まあ、その後とってもお金に困りましたけど。びっくりしました。
―― 岸尾さんのオリジナルのお鍋はありますか?
岸尾 僕は名古屋が出身なので、味噌を使った鍋です。味噌煮込みとか、どて煮などには、結構こだわりがあります。八丁味噌を使った、甘辛くよく煮込んだ鍋が大好きです。そんなに変わってないんですけど……。とりあえず味噌をつけるんですよ、名古屋人。味噌があればとりあえずいいんです。おでんでも、出汁ではなく、肉味噌とかかけて食べるんですよ。だから、肉味噌鍋とか、いいんじゃないでしょうか。鍋にいれる素材は、ありきたりだと思いますが。……あ、名古屋コーチン。名古屋ですからね、名古屋コーチンでいきましょうか。郷土愛溢れる、いいコメントということで。自分で言うなよ、って(笑)手羽先も入ります。俺は、手羽先は普通に食べた方がうまいと思いますけどね。って、ダメじゃん!
―― 鍋の〆には何を使いますか?
岸尾 やっぱり名古屋はきしめんでしょう! ……何でそんなに名古屋をプッシュしなくちゃいけないんでしょうね。でも、せっかくだからきしめん。おいしいんですよ。東京では、なかなかきしめんは売っていないんでしょうか。あんまり見ないですね。

―― 美春は犬、ことりは小鳥……では岸尾さんは自分を動物にたとえると?
岸尾 よく言われるのはイヌ科ですね。昔、20才くらいの時は猿って言われました。イヌはいるので、今日は猿にしましょうか。顔が結構漫画顔なので、色んな顔になりますよ。お見せできないのが残念です(笑)
―― 猿を飼ってみたいですか?
岸尾 猿回しとかやってみたいですね。でも、猿って意外と怖いですよね。噛む力とか強いですし、凶暴になったりしたら手がつけられないし。猿の被害も多いところもありますしね。気をつけてください。
―― 猿回し、似合いそうですね(笑)
岸尾 俺が回ってみたりね。ふたりで回ったり、回されてみたり。持ちつ持たれつで、いい家庭が築けるんじゃないでしょうかね。……って何言ってるんでしょうねえ。
―― 動物は、何か飼っていましたか?
岸尾 実家ではイヌを飼ってました。3、4年前はハムスターを。でも、今はちょっと飼う自信はないですね。面倒くさがりやなので……。可愛い動物で心を癒されたいという想いはあるんですけど、嫌な話ですがそのまま冷たくなってしまっている可能性が高いですから。でも、イヌはやっぱりいいですね。一緒に猿も飼って、本当に犬猿の仲になるのかどうかを確かめてみたいです。

―― 今回演じている杉並という男の子に、どういった印象をお持ちですか?
岸尾 見た目とギャップがある人だなあ〜と思いました、最初は。見た目はシャープな二枚目キャラのくせに、言ってることは的を射ているんだかいないんだか、まわりくどい言い方をしてみたりする、変わったキャラでしたよね。ちょこまか出てきて面白いキャラだとは思いました。やっているうちにどんどん変わっていきましたよ。一話を演じた時は「普通にやってくれ」と言われました。見た目が二枚目だからと気取らずに、普通の高校生で、と。確かに一話自体は、言っていることも台詞まわしも普通だったので、どちらかというとニュートラルに演じていたんです。でも、回を追うごとにどんどん馬鹿なことを言い始め、馬鹿な格好をし始めたんですよね。そうなると、芝居の方も変えていかなくてはいけないし、声も変えていったんです。まあ、濃いキャラクターになって非常にやりやすいです。
―― 一番苦労した点は何ですか?
岸尾 「普通にやってくれ」と言われたのが一番辛かったですね。主人公の純一が凄く泰くんの素の部分がよく出ているナチュラルな役だったので、逆にその悪友みたいな感じで、タイプ的にもっとどうしようもなく濃い方が、差が出て面白いかなって思ったんです。最終的には、そうなったんですけど。だから、最初は僕が薄いと差が出なくて、作品的に凹凸がなくなってしまうんではないか、と演じている中では感じました。でもやっぱり、キャラクターが変なことをやり初めて。僕も変な風にやってもいいんじゃないかな、って思って演じはじめたら、どんどんOKが出たので、じゃあこの方向性でいいんだと、最終的には落ち着いたんです。基本的にはやりやすいキャラです。

―― 「ダ・カーポ」はだだあま度200%のストーリーが特徴です。岸尾さんの『だだあま』ってどんな感じですか?
岸尾 幼児プレイってことですか?(笑)ハンモックプレイとか。じゃあ幼児プレイで。『だだあま』といえば、幼児プレイしかないですね(笑)
―― アニメの純一のように、女の子たちから愛されてみたいですか?
岸尾 僕はお兄ちゃんと呼ばれたい願望は全くないんです。むしろ呼ばれたくないくらい。普通に、名前で呼ばれたい人なんです。でも、いっぱいいるのはいいんじゃないですか? キャスト間は大人チームと、妹チームとで別れていますね。僕は大人チームの方にいますが。作品では……主人公ばっかり、あんなに、ずるいでしょう。杉並にも来ましょう(笑)
―― キャストも女性の声優さんが圧倒的に多いですが……。
岸尾 全然平気ですね。他の仕事でも結構多いですね、気付けば今週も男は俺ひとりだった、という事が。泰くんも平気みたいです。
―― どきどきとかしないもんなんですかね?
岸尾 しませんねえ〜、仕事ですから。どんな可愛い人がいてもどきどきはしませんね。
―― 毎朝あの娘に会うために学校にいく、みたいな感じは……。
岸尾 ないですね。毎朝、遅刻しないように必死、というくらいで。ごめんなさい。居心地はいいんですけど、どきどきしてしゃべれない、とかそんなことはないです。全然平気です。
―― 作品の中で杉並が好きになるとしたら、誰でしょうね?
岸尾 マイハニーと言ってるくらいですから、頼子ですかね。でも、彼は恋愛感情とかはないんじゃないでしょうか。他人の恋愛については、結構細かく気付いて、いろいろ気にしてはいるんですが、自分の恋愛については……。ある意味、まだ子供なんじゃないでしょうか。他の未確認生物や、不思議現象の方が好きで、まだ恋愛するまでいってないという感じですね。でも他人の恋愛の気持ちなどは分かるわけですから、そういうところは大人であり……。不思議なキャラクターですね。でも、くっつくならさぎーでしょう。彼女もある意味未知の生物でしたからね。そこにスポットを置いて、付き合うなら付き合っていくんじゃないでしょうかね。

―― 最後に、本作品ではどんなところに力を注いでいきたいですか?
岸尾 いい意味で、本編ではないところに力を注ぎました。下らないアドリブであったり、日常のワンシーンであったり。水越眞子とのバトルでは、最初戦った時はアドリブで良かったんですが、眞子のパンチとかキックを僕が全て避けてしまったんです。松岡さんは当てるつもりで演じていたみたいなんですが。でもそれで、杉並がすごいキャラになってしまったんですが。次回からは全て避けているという形になっていまして、松岡さんは悔しがってましたね(笑)そういう、特にストーリーと関係のないところを頑張ったかなあ、と思います。もちろん本編は本編で絡むところは絡んだんですが、そういうところは杉並なりにキメたつもりです。ただ、日常の他愛もないひとコマってすごく好きで、そういうところが生きてくると、作品の流れも幅ができて面白いかなあ〜なんて……。杉並ではないんですが、ガヤでも頑張って面白い事言ってみたりしましたね。場が和んでくれたりいかなって思って。音響監督さんが、ドンドンやって下さいって言ってくださったんで、全体的にのびのびとやらせていただきました。
―― アドリブにダメだしとかはなかったんですか?
岸尾 僕がびっくりするくらい、OKでしたねえ。音響監督の菊田さんが思う杉並のベクトルと、僕の思う杉並のベクトルの方向が同じだったと思うんです。だから、脱線しても杉並はああいうキャラだから、と。きっと菊田さんの一存だけじゃなくて、監督にもちゃんと確認して下さってると思うのですが。自分的にも気持ちよくやらせていただきました。
―― おすすめの回はありますか?
岸尾 杉並的に言えば、海の回。あと、萌の決着話ですね、バスで温泉に行く話……。さすがの杉並も、萌に対しては言葉づかいが違ったりして、そこがちょっと面白いかなあと思います。あと、海はいっぱい話していたので。あとは総集編では、馬鹿なアドリブをいっぱい入れたんですが、ほぼOKでした。泰くんが可哀想でしたけど。僕が入れたアドリブに、「ちゃんとアドリブで返さなきゃ!」って妙なダメ出し受けてました(笑)彼は彼なりに、僕が何かやってくるんだろうなあって構えてたみたいなんですが。でも、攻撃する側の方が楽ですよね、受ける方は大変です。自分で言うのもなんですが、とんでもないキラーパスがきますからね。僕だって、受ける身になったら大変ですよ。やられたら100パーセント返す自信はないですから。まあこれで泰くんも、ひとつ成長したんじゃないかなあ〜って思います。……こんなところで言うのはなんですけどね。
―― ファンの方々にひとこと…。
岸尾 腹を抱えて笑えるわけではないけど、くすっと笑えるところがあったり、基本的には泣かせてもらえるお話かなって思って、最初からやってました。総集編でも言いましたが、萌えはなく泣きオンリーだ、と。どういう結末になるのか僕も楽しみなんですけどね。とても綺麗で、美しいストーリーだと思います。どこか雅な感があるので、それを感じ取ってみてくれていただけると、心に爽やかな風が吹くんじゃないかと思います。あなたの心には何が残りましたか?