STORY CHARACTERS STAFF INTERVIEW GOODS PRESENT RADIO

 
★第1回
野川さくら
朝倉音夢役

★第2回
アフレコ合同
インタビュー

★第3回
泰 勇気
朝倉純一役

★第4回
堀江由衣
白河ことり役

★第5回
松木未祐
鷺澤頼子役

★第6回
松岡由貴
水越眞子役

★第7回
神田朱未
天枷美春役
★第8回
伊月ゆい
水越萌役
★第9回
岸尾大輔
杉並役
★第10回
田村ゆかり
芳乃さくら役
★第11回
映像特典
撮影レポート
★第12回
桃井はるこ
うたまる役

★第13回
最終回 合同
インタビュー


 
INTERVIEW



何を考えているかよくわからないように見せかけて、実は確固たる信念のもとに動いている人なんだな、っていうのが解りかけている感じです…。



―― 初音島は年中さくらが咲いているという、なんとも不思議な島です。そんな島に住んでみたいと思いますか?
伊月 はい、住んでみたいですー。
―― 桜とか好きですか?
伊月 もう、お花とか大好きなんです。父親が昔から植物が好きで、家にいつも植物が絶えなかったので、結構お花とかにも詳しくなったんですよ。植物はいつも家にあって、身近な存在なので大好きです。
―― 特に好きな花はありますか?
伊月 そうですね、かすみ草が一番好きです。小さくて、ほわっとしていて。可憐ですね。
―― 一年中咲いていて欲しいお花はありますか?
伊月 ラベンダーです。私、植物でも特にハーブが好きなんです。母親が実家でハーブを育てていたので……。バジルにミント、ラベンダーとか、家で育てていました。食事にも使ってましたよ。もともと私がハーブを好きで、種とかを買ってきていたんですけど、それに母が触発されたみたいなんです。
―― 家で何か育てていたりしますか?
伊月 今住んでいる所で、ですか?ラベンダーを育てていたんですけど、もともと乾燥している場所に生えているものなんですよね。私の部屋は湿気が多かったので、堪能する前に枯れてしまったんですよ。すごく悲しかったですよ。ドライフラワーを買ってきた方が良かったかもしれないですね。
―― さて、舞台である初音島は島ということですが、伊月さんは島に関する思い出はありますか?
伊月 PV撮影の時に和歌山に行ったんですけど、そこにはひょうたん島のモデルになった島があったんですよ。ちゃんとひょうたんの形をしているんです。さすが海辺なだけあって、海の幸が美味しかったです! 新鮮なお魚さんたちをいっぱい食べてきました。
―― 特に美味しかったものはありますか?
伊月 鍋が(笑) なに鍋なのかはわからないんですけど。
―― やっぱり鍋なんですね(笑) 海鮮鍋という感じですか?
伊月 そんな感じです。6月だったんですけど、すごくお天気がよくって、暑かったんですよー。日焼けしちゃうくらい暑かったんです。そこで食べた鍋が美味しかったです。どうしても鍋から離れられないんですかね、私(笑)
―― やっぱり鍋奉行ですからね。
伊月 友達と食べにいっても、「はい灰汁すくって!」とか……(笑) 灰汁が気になっちゃうんですよね。
―― 料理は好きなんですか?
伊月 不精者なのであまり作らないんですけど、作り出すと凝っちゃうんです。クリームシチューが得意です。……得意とか言っちゃった(笑) 大したことないんですけど。
―― ところで、初音島にはささやかな奇跡が起きるといいますが、伊月さんはもし起こせるならどんな奇跡があるといいですか?
伊月 そうですねえ、一面ハーブ園にしたいです。初音島ハーブガーデン、みたいな(笑) 色んなハーブがあって、すっごいいい匂いで……。そして、温泉があったりして、リラクゼーションの園って感じですね。
―― 水越姉妹といえば鍋ですが、伊月さん的にプッシュしたい鍋は何ですか?
伊月 あるのかどうか解らないんですけど、魯山人風のシャブスキーです。美味しんぼネタなんですけど。しゃぶしゃぶであり、すき焼きである、っていうお鍋で……。お肉はしゃぶしゃぶしちゃいけなくて、一枚、そうっと出汁の中に泳がせて、時間がたったら引く、みたいな感じなんです。出汁も沸騰しちゃいけなくて。
―― ご自分で作る鍋はありますか?
伊月 冬になると、友達を呼んで鍋をやったりするんですけど、チゲ鍋とか作りますね。他には、食べた事ないんですけど、きりたんぽ鍋とかやってみたいです。比内鶏でなくてはならない、とか山岡士郎がうるさいことを言っていましたが(笑) すごく美味しそうですよね。
―― 鍋を食べた後に、何かいれたりしますか?
伊月 うどんとか、ご飯いれて雑炊にしたりしますね。何か他にこうしたらいい、っていうのがあったら教えて欲しいです。
―― 美春は犬、ことりは小鳥……では伊月さんは自分を動物にたとえると?
伊月 うーん……。中学の時には、リスに似てる、ってよく言われたんです。でも、基本的にはネコに似てるって言われます。気まぐれなところが……。
―― 何か飼っていた動物はいますか?
伊月 長くなりますよ?(笑) 小学校の時とか、昆虫博士って言われていたくらい、生き物が大好きなんです。小学校が終わると、喜び勇んで虫を捕まえに行く子供だったんですよ。だから、家で飼っていたものは数知れず(笑) かまきりとか、蝶とかカブト虫、カナブン、動物で言うならハムスターも飼って、今はネコがいて、熱帯魚も金魚もいて。セミも飼っていましたよ。飼うってほど長生きしなかったんですけど……。男の子がするみたいに、セミに紐をつけたり、そういうひどいことをしていました(笑) 昔、セミのさなぎを捕まえたんですよ。そして家にあった鉢植えにとまらせておいたら、夜羽化したんです。時間をかけて徐々に羽が伸びていって……すっごい綺麗なんですよ。アブラゼミだったんですけど、まだ羽は茶色くなくて、透き通ってきらきらしていました。とても感動しましたよー。さすがに子供だったので、最後まで見られずに寝ちゃったんですけど……オスだったみたいで、朝には目覚ましがわりに、みーんみーんって耳元で鳴いてました(笑)
―― 何か、飼ってみたい動物はいますか?
伊月 爬虫類、いいですよね。カメレオンとか……エリマキトカゲも可愛いですよね〜。今一番飼いたいと言ったらネコなんですけど、ネコは一度飼ったので、それを外すならば爬虫類です。
―― 今回演じている水越萌という女の子に、どういった印象をお持ちですか?
伊月 印象ですか? うーん……、最初の頃は、本当にゆっくりで何を考えているかわからない、得体の知れない女の子だったんです。でも、話が進んでいくと、何考えているかよくわからないように見せかけて、実は結構いろいろ考えていて、しっかりした考えを持っている、確固たる信念のもとに動いている人なんだな、っていうのが解りかけている感じです。ようやく萌ちゃんってこういう感じなんだな、って掴みかけているところなんですけど……。本当に、萌ちゃんと一体化してきたところで話が終わりかけちゃって、残念です。続編望むって感じですね。ゲームでは、「何故萌ちゃんがぽけぽけしているのか」の謎について迫っているんですよ。だからゲームをやって、萌ちゃんの本当の姿を知って欲しいです。
―― 萌ちゃんを演じている時には、どんなことに気をつけていますか?
伊月 萌ちゃん、人の3倍ゆっくりですよね。逆シャアみたい(笑) 早くしゃべらなくちゃいけない時でも、萌ちゃんの雰囲気を崩さないようにしゃべる、というのに気をつけていました。
―― 「ダ・カーポ」はだだあま度200%のストーリーが特徴です。伊月さんの『だだあま』ってどんな感じですか?
伊月 『だだあま』はですね、とにかく許してくれる、ですね。私が何か悪いことをしちゃった時、私が悪いってことを分かってるんだけど、それを許してくれる、っていう感じですね。何もかも分かって包み込んでくれる、というのが『だだあま』ですね。大人の包容力というか……。何もかも分かっていて、それをふまえた上で包み込んでくれる、ってイメージがありますね。
―― 伊月さんは、『だだあま』をしたいですか、されたいですか?
伊月 したいしされたいですね! 甘えられるムードもいいなあって思いますし、逆に甘えるのもいいですからね。ケースバイケースです。多分、私が甘えた場合は、ネコみたいにごろにゃーんって感じで甘えて、「うるさい」ってばしっとやられて、ひとり切なくなるという感じでしょう(笑)
―― 本作品ではどんなところに力を注いでいきたいですか?
伊月 萌ちゃんが萌ちゃんらしく、というところです。結構シリアスな回でも、名前すぐ忘れちゃうとかドジっぷり発揮な萌ちゃんですよね。でも、初めて母性本能に目覚めるって回があるんです。いつもぼけぼけしてる萌ちゃんだけど、しっかり考えを持っている、ということを出せる回だったので、その回に凄く力を注ぎました。ジャングル風呂の回だから、DVD2巻ですね。必見ですね!
―― 最後に一言お願い致します。
伊月 前半は人物紹介という感じでどたばたしてたんですけど、後半はシリアスになっていますよね。どんどん『だだあま』から、切ない話へと。音夢ちゃん、さくらちゃんと、お兄ちゃんの三角関係で、更にその3人をとりまく皆のお話です。一回たりとも見逃すことなく、最後どうなっていくのかを、是非楽しみにしてください。