STORY CHARACTERS STAFF INTERVIEW GOODS PRESENT RADIO

 
★第1回
野川さくら
朝倉音夢役

★第2回
アフレコ合同
インタビュー

★第3回
泰 勇気
朝倉純一役

★第4回
堀江由衣
白河ことり役

★第5回
松木未祐
鷺澤頼子役

★第6回
松岡由貴
水越眞子役

★第7回
神田朱未
天枷美春役
★第8回
伊月ゆい
水越萌役
★第9回
岸尾大輔
杉並役
★第10回
田村ゆかり
芳乃さくら役
★第11回
映像特典
撮影レポート
★第12回
桃井はるこ
うたまる役

★第13回
最終回 合同
インタビュー


 
INTERVIEW



やっぱりことりちゃんの魅力である、
知られてはいけない秘密の部分が
日常でもきちんと生かされるように
演じていきたいです。



―― 初音島は年中さくらが咲いているという、なんとも不思議な島です。そんな島に住んでみたいと思いますか?
堀江
思います。
―― 特にどんなところが?
堀江 年中桜が咲いているところが(笑)
―― ほかにはないですか? 初音島は過ごしやすい気候のいい島だそうですよ? 例えば堀江さんが住んでみたい島とかありますか?
堀江 そうですね〜島には住んでみたいですね。そんなに大きくもないんだけど、小さくもない島がいいですね。できれば人も少ないといいです。
―― 例えば?
堀江 水牛で渡る島(由布島)っていうのを昔テレビで見たことがあってそういうとこです。海とかきれいな場所でした。
―― 潮が引いたら歩いていけるとか?
堀江 そうそう。あと住んでるのはみんな親戚ばっかりとか(笑) 南国っぽい素敵な島なら住みたいです。
―― 初音島にはささやかな奇跡が起きるといいますが、堀江さんはもし起せるならどんな奇跡があるといいですか?
堀江 「ダ・カーポ」の中で一番好きな奇跡が“手のひらに和菓子を作る”能力なんですが、この能力って……自分の中のエネルギーを使っちゃうじゃないですか? 消費しながらおなかいっぱいになるっていうのは、すごいダイエット効果じゃないかと思うんです(笑)
―― 食生活に切実なコメントですね〜(笑)
堀江 でも、和菓子ばっかりだと飽きるかも? あんこばっかりは食べられないなぁ。ほかに欲しい奇跡があるなら、空を飛びたいです。
―― 通勤通学が便利になりますね。
堀江 でもパンツ見え放題(笑)
―― ズボンはかないと(笑) ちょっと遠いところにも、気兼ねなくいいけそうな感じで便利ですよね。
堀江 あ、でもやっぱり歩くとか、同じ距離に行くぐらいのエネルギー使うんだろうなぁ。
―― ちゃんと代償も考えてるんですか?
堀江 同じぐらい疲れると思いますよ。ダッシュしたぐらいは。そうだとちょっとキツイかな? 空を飛ぶ視線で楽しめる分、歩くよりはいいかもしれません。雲ぐらいまであがって(雲を)わっさ〜って(笑)
―― ずいぶん高いところまでいくんですね〜。
堀江 いきますよぉ。
―― 今回演じている白河ことりという女の子に、どういった印象をお持ちですか?
堀江 すごい気をつかう女の子ですよねぇ。本当にやさしいんですよね。
―― 普通にいそうですよね。気を遣いすぎるタイプの女の子って。
堀江 そうそう。ただでさえ、そういった気を使いすぎる面があるのに、彼女が持っているもののせいでさらに損をするという感じです。常にいい子でいてしまうことで、まわりを悪い気分にさせないよう必死な感じがします。
―― キャラクターとしても気を遣わなきゃいけない感じがします。
堀江 彼女の立場上、どうしてもお話に混ざり込めない部分が多くて、ストーリーを書いている人もたいへんだと聞いています。
―― じゃあ出番も少ないんですか?
堀江 だからかなぁ(笑) それとは別にしても、とにかく見た目よりもずっとかわいそうだなぁと思うんです。彼女にとって、彼女はまわりに対して完璧でないといけないと考えているんじゃないでしょうか?
―― もうちょっと気を抜いてくれるといいのになぁ。
堀江 そうなんですよ! もっと楽な生き方を見つけられるはずなのに、彼女のやさしさがそれをさせないんです。
 ―― では堀江さんも、ことりと同じように人の心が読めてしまったらどうしますか?
堀江 どうだろう? うまくやるような気がするけどなぁ。ことりちゃんよりは気を遣わないと思いますね。
―― スルーできることはスルーしちゃうとか。
堀江 たぶんやなことが起きそうなら、そこから離れちゃうかな? でも自分にいい印象をもってくれている人としか付き合わなくなっちゃうかもしれません。
―― 強い人だったら気にしない。むしろ成り上がりの道具に使うかもしれない能力ですよね。
堀江 そうですよね。できるはずなのにしないことりちゃんがかわいいな。
―― 仕事のみならず、ポーカーなどの遊びまで無敵になりますね。
堀江 何でも勝てるんですか〜。麻雀とかも負けませんね(笑) ことりちゃんは、使わないんじゃなくて、周りのことでいっぱいいっぱいでそういうことに使うところまで発想がいってないんだと思います。
―― ことりらしいですよね。雑誌でも人気は高いですし、そういう性格が人気の秘訣なのかもしれません。
―― 美春は犬、ことりは小鳥……では堀江さんは自分を動物にたとえると?
堀江 わたしは……小動物ってよくいわれます。
―― ハムスターとかリスとか?
堀江 自分的には……ナマケモノなんですけどね(笑)
―― できれば何もしたくないとか!?
堀江 こうやって(ナマケモノの木にぶら下がるポーズをして)木にぶら下がって、日がな一日ボーっとしていたいんです。
―― 温泉とか癒し系ですか?
堀江 いいえ〜温泉に行くことすらめんどうに思っちゃうタイプなんです(笑) 家でずーっと寝てたりとか、本読んだりとかテレビ観てたりとか。
―― それはお仕事が忙しいからじゃないんですか?
堀江 それとも関係なくボーっとしてたいんです(笑)
―― オフの日は外に出ないでこもってるんですね。
堀江 休みの日に外に出るなんてもったいないです! 休みに外に出ないともったいないっている人はよくいますけど、私は逆なんですよ〜。外に出ちゃったら負けです(笑)
―― 買い物とかはどうするんですか?
堀江 衣裳とか、どうしても買わなくてはいけないものがあるときなどはしかたなく出ます(笑) それ以外はナマケモノでいたいなぁ。
―― 水越姉妹といえば鍋ですが、堀江さん的にプッシュしたい鍋は何ですか?
堀江 なんだろう? ……べたな鍋が好きかも?
―― 濃い味のものは平気ですか?
堀江 そういうのはぜんぜんOKです。味噌ベースの鍋もいいですね。カニでもサケでもなんでも好きですよ。でも、お野菜好きなんで、白菜がたっぷり入っている鍋が一番いいです。
―― 白菜は美味しいですよね。ないと鍋じゃないぐらい(笑)
堀江 ね!
―― 最近鍋の野菜食べない人多いですね。
堀江 美味しいのにねぇ(笑)
―― 「ダ・カーポ」はだだあま度200%のストーリーが特徴です。堀江さんの『だだあま』ってどんな感じですか?
堀江 だだあま……ベタベタって感じ?
―― 手をつないで歩いたりとか?
堀江 そうそう。
―― 1つのジュースを2本のストローで飲んだりとか?
堀江 そこまでいくとホントにベタですね(笑) ふたりでいっしょにボーっとしてたいです。日向ぼっことかいいなぁ。
―― 老後の楽しみが今の楽しみですか!?
堀江 そんな感じがしますね(笑)
―― 和やかな雰囲気がだだあまってことですか?
堀江 何気ないこと……たとえば公園のベンチにふたりで座って、一緒にボーっとしてるとか。まったりしたいです。お互い背中でよっかかっていられたらいいなぁ。「キミがいればどこでもいいよ」なんてあれば最高です。
―― 究極ですね〜。
堀江 ね! そういうのがいいですよね。
―― 男としたらデートの場所探さなくてもいいからいいかも(笑)
堀江 え〜!? ただ一緒にいて、話して、ちょっと笑ってっていうささやかな幸せが好きです。
―― 良い『だだあま』ですね。
堀江 何もしなくても幸せだし、でもちょっとどこかに遊びにいくのも幸せだし(笑)
―― 最後に、本作品ではどんなところに力を注いでいきたいですか?
堀江

そうですね。やっぱりことりちゃんの魅力である、知られてはいけない秘密の部分が日常でもきちんと生かされるように演じていきたいです。一見何気ないシーンでも、ことりちゃんにはこのように見えたりとか感じてるんだろうから、それが雰囲気にでるように努力しよう。っていうように毎回努力したいです。
 ことりちゃんには、考えさせられる部分がホントにいろいろあるんです。こうだから楽しいとか、こうだから悲しいとか……難しいですが、これをクリアしないとことりちゃんにならないですからね。

――

ことりは難しいキャラですよね。とにかく複雑です。

堀江 音夢ちゃんも難しいけど。すべてを包括しつつ見せないところを見せないように、でもそれをちゃんと演技に出すことの難しさを実感してます。これからも頑張りますよ。