STORY CHARACTERS STAFF INTERVIEW GOODS PRESENT RADIO

 
★第1回
野川さくら
朝倉音夢役

★第2回
アフレコ合同
インタビュー

★第3回
泰 勇気
朝倉純一役

★第4回
堀江由衣
白河ことり役

★第5回
松木未祐
鷺澤頼子役

★第6回
松岡由貴
水越眞子役

★第7回
神田朱未
天枷美春役
★第8回
伊月ゆい
水越萌役
★第9回
岸尾大輔
杉並役
★第10回
田村ゆかり
芳乃さくら役
★第11回
映像特典
撮影レポート
★第12回
桃井はるこ
うたまる役

★第13回
最終回 合同
インタビュー


 
INTERVIEW



ヒロインみんなに平等で最大限の思い入れを持って……
音響監督に言われた10人に10の愛をもってやっていきたいです。
それを心がけていきたいですね。
ひいきしてたら怒られちゃいますからね(笑)。


―― 初音島は年中桜が咲くというなんとも不思議な島ですが、そんな島に泰さんは住んでみたいですか?
ミステリアスな話とか、結構そういうもの好きなんですよ。ぜひ住んでみたいですね! ほかにも初音島にはいろいろ不思議なことがあるんですよね?
―― そうなんですよ。いろいろなことがあるんですよ〜。たとえば純一が夢を見させられる力とか、和菓子を手のひらに作り出すとか……そういうものを持っていたらどう思いますか?
他人の夢を見たってことはさすがにないですからね。でも人の夢を見たらどうするんだろう?興味はありますよね。あと、和菓子は本当にすきなんです。あれはガンガン活用すると思いますよ(笑)。和菓子に限らず甘いものはなんでも好きですよ。
―― 暇さえあれば作って食べちゃいそうですね。
やばいですよ〜。太っちゃうかも(笑)。
―― ほかにはありますか? 希望とか。
どんな能力があったらいいのかな? そうですねぇ、モノと話ができる能力とかあるといいですね。モノって使いつづけると魂がこもるっていうじゃないですか? 愛着の湧くものとか、子供の頃から大事にしているぬいぐるみとか。プラモデルとかガンガン作ってたんですが、オレに作られてコイツどうおもっているのかな? なんて思ってたりしたんですよ。ほかにも動物、植物、風の声とか聞けたらいいなぁ。
―― あらゆるものとコミュニケーションが取れるって感じですね。常に騒がしそうかも!?
そっかぁ。やっぱりうるさいかも。でもしばらくしたら慣れるんじゃないすか!? ああそうか……家に帰ってもうるさいんだ(笑)。
―― 寝ている最中も騒がしいかもしれませんね。
うるせー!ってなっちゃいまっすね(笑)。
―― 身の回りのものにずいぶん愛着を感じているんですね。
傘とか壊れるとやっぱり捨てるわけですよね。でもそれが心苦しいんですよ。だからちゃんと“ありがとうございました”って感謝してるんですよ。靴だって、ボールペンだってね。
―― 使ったものに感謝の念を忘れないんですね。
自分が使っているモノは、会うべくして会った大事なものだと思います。今までの自分を形作っている要素なんですよね。
―― そんな泰さんとは正反対な朝倉純一についてどう思われますか?
設定を初めて読んだときに“かったるい”が口癖と書いてあって……オーディションのときは、かなり斜に構えたキャラだと思ってたんですよ。確かにオレもあの頃はかったるかった!(笑)
―― 意外に身に覚えがあるんですねぇ。
そんなかったるいかったるい純一がなぜもてるのか……うらやましいなぁ(笑)。一生懸命やってるとは思ってるんですけど、はたから見ればそうは見えない人物ですよね。でも、なんでそんなにもてるのかなぁ……と。
―― これは初音島最大の謎です(笑)
かったるいと言ってるけれど、別にひとと接するのがイヤってことじゃないですし。収録でもあったんですが、むしろ困ったひとを見て見ぬふりができないタイプですからね。だから杉並とかも友達でいるんだろうし、そういったところが純一の魅力なんでしょう。
―― あの“かったるい”のメッセージはどのように解釈していますか?
本当の意味でかったるいってことじゃないですからね。どちらかというとしょうがないなぁ……とか。やっぱり彼はタイプ的に兄なんでしょうね。たとえば妹のトラブルを見かねて「あぁ!やったるがな!」っていう感じで。そういう行動につく言葉が“かったるい”なんだと思います。ただし、学校に行くのは本当にかったるいでしょうけど(笑)。
―― 同じ言葉でも使いところで意味が違いますね。
ひとに対して使うときはかったるいワケじゃないでしょう。照れ隠しとか、そういうの。
―― 話は変わりまして、ヒロインたちにはそれぞれイメージされるキャラクターがあります。例えば音夢はネコ、美春はわんこ、ことりはことりと……では泰さんはなんでしょう?
言われたのは『犬っぽい』かな? ひとなつっこいらしいです。礼儀はわきまえますが、誰とでも普通に話しますし。飼っているのは猫なんですけどねぇ。
―― 犬は規律を守るし、ひとなつっこいですよね。
自分も最低限の規律は守りますよ、赤信号渡らないし(笑)。従順そうとも言われますし、振る舞いが犬っぽいのかもしれませんね。
―― 見た目以上に真面目だぞ……と。
犬っぽいから几帳面なA型と見られがちですが、フタをあけるとB型なんですよ。みんなにいうとビックリするし。なんなんでしょうかねぇ(笑)。でも「ダ・カーポ」のみんなはそうじゃなかったんですよ。第2話でB型だって簡単に読まれちゃいましたし。
 ―― 声優さん、スタッフの方々はとてもフレンドリーだと思いますよ。だからじゃないですか?
そうですね。同世代に比較的近い方々との競演で和気あいあいと収録できています。監督を含め、やさしい方ばっかりなんですよ。みんな自分のことを“お兄ちゃん”と呼んで慕ってくれるし……自然に楽しい空気ができているんじゃないでしょうか? 野川さんも、こんなによく笑うスタジオはあんまりないって言ってましたしね。そのおかげで、台本が上がってくるのを日々楽しみにしていますよ。
―― やる気まんまんですね。
それはそうですよ!(笑) 今までは「ふっ」とか笑うような2枚目の役ばかりで、純一のような(いろいろ)おもしろい役は初めてなんですよ。ストーリーも楽しいし。だから次の展開がどうなのか、泰勇気としても待ちきれないぐらい気になっているんですよ。
―― その「ダ・カーポ」はだだあま度200%といわれるストーリーが特徴ですが、泰さん的にだだあまってどんなイメージですか?
うらやましい……純一みたいにもてるなんてオレにはないですからねぇ(笑)。みんなに女の子っぽいともよく言われますが、一応健康な男子ですから……といってもそれぞれのファンの方は安心してください。もともとゲームの主人公はプレイヤーの代理人であったり分身だと思うんです。だからアニメもそうなればいいぐらいにだだあまを表現していきますよ。
―― さて、舞台である初音島は島ということですが、泰さんは島に関する思い出はありますか?
島……あんまり旅はしないんですよね。九州は行ったんですけど、初音島みたいなってことだと違いますしねぇ。あ、江ノ島ってありですか?
―― ええ、今は陸続きですが、かつてはきちんとした島(江ノ島はかつて沈降運動により島になったものが、再び陸続きになった島だそうです)だったこともありますしね。
江ノ島は家族と昔よく行きましたね。最近は海どころかプールすら行ってないし、お風呂以外の水に触れたことないですね。島とかとあまり関係ないですけど、瀬戸大橋を渡っているときに見た夕日が綺麗だったのを覚えていますね。写メールも撮っちゃいましたよ! 海に日が沈む情景っていいですよねぇ。
―― 海は夕日を美しくしますよね。
そういう海に特定の女子と行ってみたいものです(笑)。
―― では今年の夏こそ是非(笑)
それは難しいので(笑) なら「ダ・カーポ」のメンバー全員と行きましょう(笑)。
―― でも食べるものは鍋ですよ〜。
「ダ・カーポ」がらみだとどこへいっても鍋なんですか?
―― そうかもしれませんね(笑)。ところで、鍋といえば水越姉妹ですが、泰さんの好きな鍋はなんでしょうか?
すき焼きって鍋ですか? 鍋ですよね? す・き・や・きです!(笑)
―― 卵付ける派ですか付けない派ですか?
当然付ける派です。
―― ごはんにぶっ掛けるのもおいしいですね。
すき焼きって晩飯に出たら、残りを翌日にご飯にかけて一石二鳥ですよね。
―― うどんとか入れませんか?
ああ〜うどんかぁ。うどんもいいなぁ。そういえばアニメではすき焼きは出てくるんでしょうか? ポピュラーすぎるかもしれませんが。
―― 残念ですが今は土鍋系ですね。しかもマニアックな。
しゃぶしゃぶはやんないんですかね……しゃぶしゃぶだったらゴマだれです。ゴマの香りがソフトでいいんですよねぇ〜。
―― ゴマだれにはぜひ豆板醤(トウバンジャン)入れてみてください。おいしいですよ。
それはいいですねぇ〜。お店で頼めばにんにくすりおろしなんかも出てくるんですよね。
―― 脱線した話題を元に戻しまして。朝倉兄妹は、本当は血の繋がらない兄妹なのですが、泰さんはふたりにどんな印象を持たれていますか?
変な言い方になってしまいますけど……あこがれちゃいますねぇ(笑)。不思議ですよねホント。物心ついたときに兄妹になったふたりですから、当然意識しちゃいますよね。同い年なんですよね? もうどうなっちゃうんだろ!? 一人っ子なので、兄妹とかそういう感覚は、頭で理解すれども、兄妹でなければ具体的にはわからない部分ですからね。
―― 兄妹がいないから、いろいろ想像しちゃうってことですね。
でも朝倉兄妹……特に音夢は意識しまくりです(笑) 純一は「かったるい」でごまかしているような気がしますね。音夢のお願いだったら何でも聞くとは思うんですけど、そこを“かったるい”の憎まれ口叩いてから聞きますし。どうなるんでしょう、このふたりは(笑)。
―― では、妹萌えってなんなんでしょう?
なんでしょうね? 妹がいたらすごく厳しい兄になっちゃうでしょうね。悪い虫を寄り付かせない父親ばりに(笑)。むしろそれでうるさいのよ!って言われちゃいそうですね。あぁ、これじゃ萌えになってない(笑)。
―― ファンタジーに見えて、血の繋がらない兄妹の結婚はありそうですよね。婿養子とかはそもそも手順違いますけど結果的に同じですし。血が繋がってても三等親なら結婚OKですから。
なら、この兄妹が結ばれても全然問題ないんですね〜。ちなみに自分は妹萌えでなくて、妹を守る萌えならやりそうです(笑)。