STORY CHARACTERS STAFF INTERVIEW GOODS PRESENT RADIO

 
★第1回
野川さくら
朝倉音夢役

★第2回
アフレコ合同
インタビュー

★第3回
泰 勇気
朝倉純一役

★第4回
堀江由衣
白河ことり役

★第5回
松木未祐
鷺澤頼子役

★第6回
松岡由貴
水越眞子役

★第7回
神田朱未
天枷美春役
★第8回
伊月ゆい
水越萌役
★第9回
岸尾大輔
杉並役
★第10回
田村ゆかり
芳乃さくら役
★第11回
映像特典
撮影レポート
★第12回
桃井はるこ
うたまる役

★第13回
最終回 合同
インタビュー


 
INTERVIEW



○月某日、アフレコ合同取材が行われました。声優さんたちが「ダ・カーポ」に対してどのようなスタンスで取り組んでいるか……要注目なのです!

それぞれの役どころと意気込みを教えてください
野川さくら
(朝倉音夢役)

音夢ちゃんはだだあまキャラで、兄さんを大切に思っている女の子です。首のチョーカーには大きな鈴がついていて、それがチャームポイントになっています。音夢ちゃんは体重が37kgしかなくて、私も目標にしてます(笑)。

泰 勇気
(朝倉純一役)

音夢の兄でございます。どこにでもいる学生だと思うんですけど、やっぱり義理の妹とふたりだけで同居しているところが違うところかな? ほかの作品と違って(アフレコ時)かなり女性の割合が多くて緊張してしまいます(笑)。みなさんと楽しい作品作りをしていけたらいいですね。

田村ゆかり
(芳乃さくら役)

さくらちゃんは、すごいちっちゃくってかわいらしい娘です。だけど頭がすごく良くて、精神年齢もいちばん上だと思うんです。髪の毛をふたつに結びあげてる部分がすごくかわいいです。意気込みは……意気込んでます(笑)。

神田朱未
(天枷美春役)

美春ちゃんは、とにかく朝倉兄妹を愛してます。特に音夢ちゃんがすごく好きなんです。どうやら、とてもビックリするような秘密も持っているらしいです。そんな楽しみな役です。とにかく、純一君や音夢ちゃんを慕っていきたいです。

伊月ゆい
(水越萌役)
萌ちゃんはですね、すごいマイペースな女の子でして、授業中、登校中だろうといつでも寝てしまう特技を持っています。みんなよりひとつ年上のお姉さんという設定なんです。ぽわわわって感じの萌ちゃんをきちんと演じていけたらいいなと思います。鍋のお話がいっぱいでてくるので、私もすっかり鍋に詳しくなってしまいました。
松岡由貴
(水越眞子役)
萌ちゃんと姉妹で、妹役です。ぽわぽわの萌ちゃんをいつも見守っているって感じです。元気良くスポーツもできそうですね。割とはちきれたタイプの女の子ですね。眞子ちゃんがいつごろ純一とラブロマンスを発展させていくのかまだ分からないんですけどね。いつかは主役の座に(笑)。でも杉並くんとの絡みが多いですね〜。どういう展開になるか楽しみです。期待してます。
岸尾大輔
(杉並役)
純一とはソウルメイト……もとい悪友ですね。自分的いちばんの謎は、杉並の下の名前がなんなのか?です。太郎か、公会堂がまわりでの有力候補です(笑)。 見た目はカッコイイんですが、やることが不思議でしかもナルシスト。杉並を好きになってくれる女性もいてくれたらいいなと思いますね。
松来未祐
(鷺澤頼子・美咲役)

頼子ちゃんは猫耳がついていたりと、最初から分かりやすい謎があります。猫の耳が生えている頼子ちゃんを、朝倉家はどう迎え入れてくれるのか……すごく興味があります。一緒に住んでくれないと出番がなくなってしまいますが(笑)。 本当は臆病な女の子なのに、純一さんのためだけに一途に頑張っちゃうんです。

松井菜桜子
(白河暦役)

かわいい子たちの中で、一緒に生徒役かな? って思ったら純一くんと音夢ちゃんのクラス担任をやっております(笑)。学園のアイドルことりちゃんが妹なんです。妹との関係も今から楽しみなんですが、純一君とのロマンスもあったらいいなって思ってます(笑)。そういう部分もぜひ描いてほしいですね。

桃井はるこ
(うたまる役)

サーカスさんが出しているゲームで“うたまる絵描き歌”っていうものを担当させていただいていたんですが、今回、アニメで声が付くということで演じさせていただくことになりました。「ダ・カーポ」のマスコット的キャラクターでかなり大役です(笑)。どんなふうに演じればいいんだろうと結構悩みましたが、毎回の台詞は……「にゃあ」です(笑) 。

番組の魅力や見どころを教えてください。
野川さくら
(朝倉音夢役)
パソコンゲームから生まれた作品ということで、ゲームファンも楽しみに待っていてくれると思ってます。舞台になっている島は、桜が一年中咲いているという不思議な場所です。名前が私と同じ“さくら”なのですごくうれしいです。どのヒロインも選べないぐらいかわいいですね。あと、毎回おまけがついているので、そういった部分も期待してくれるとうれしいです。
泰 勇気
(朝倉純一役)
みんな言われちゃった(笑)。ストーリーはものすっごく甘酸っぱいなぁって思いますね。そんな世界を見ていただけるファンのみなさんともシンクロできるかもしれません。恋はいっぱいしたほうがいいっていうメッセージもあるとか。温かく見守ってください。
田村ゆかり
(芳乃さくら役)
原作は恋愛ゲームということですから、それはもう女の子はよりどりみどり登場します。この作品、監督さんや音響監督さんが女性の方なんです。だから私の視点で見ても、演出がすごく女の子らしいんです。わりと共感しながら演じることができたんで、殿方には日常生活で、一見不可解に見える行動の心理とか分かってくれるといいんじゃないかな?って思います。女の子にはやさしく接した方がいいんだよって(笑)。
神田朱未
(天枷美春役)
どんどんいうことがなくなっちゃってきてます(笑)。この作品は萌え萌えっていう感じですが、せつない気持ちのものもいっぱい描かれているんです。そういうものと映像の流れがうまくシンクロしてるんじゃないかと思います。あと、制服もかわいいのでぜひチェックしてみてください。
伊月ゆい
(水越萌役)
さきほどからみなさんがおっしゃっているとおり、すごくかわいらしい女の子がたくさん出てきます。ひとが代わると恋愛も変わるというように、女の子ごとにそれぞれの恋愛がありますから、共感できる恋愛を探して見つけてくれるとうれしいです。ほかには、いろいろCGとか使われているみたいです。桜の花びらが舞い散るCGとかきれいなので、気をつけて見てください。
松岡由貴
(水越眞子役)
見どころといえば純一の妄想(笑)。それは置いといて、この作品のなにがすごいかというと、アングルがとてもおもしろいんです。ギリギリまでドキドキさせる感じが楽しいです。みなさんをドキドキわくわくさせてくれますよ。
岸尾大輔
(杉並役)
杉並公会堂です(笑)。とにかく青春です! 青春で押し切るぞ(笑)。甘酸っぱい部分で青春を取り戻してもらったり、今真っ盛りのひとは共感してください。笑いのネタも、いろいろちりばめられているんじゃないかなぁって思います。自分の出ていないシーンを見て、いつもニヤニヤしてしまいますよ。さわやかになりつつ笑ってください。
松来未祐
(鷺澤頼子・美咲役)
ヒロインすべてが見どころですが、個人的には杉並とうたまるです。ほかのキャラがまじめにお話を展開しているのですが、杉並さんだけがひとりふざけてたりとか、キャラクターが爆裂しているうたまるだったり……ちょっとしたシーンを観て笑ってくださいね。
桃井はるこ
(うたまる役)
ゲームだとプレイヤーのひとがどの女の子を選んで進めていくんですけど、アニメだとどの女の子と仲良くなるんでしょう? アニメは一本道ですから、絵的にどういうことになるのか……ハッピーエンドになるのが音夢ちゃんなのかさくらちゃんなのかドキドキです。お話全体も楽しみにしてください。
最初音響監督とお会いしたときに、どんな風に演じて欲しいと言われたのか?
または自分なりにどのように意識して演じたいか教えてください。
野川さくら
(朝倉音夢役)
やっぱり、もともとゲームから始まっているので、イメージをできるだけ崩さないように注意しています。こういうことはスタッフさんとお話して綿密にやっていますね。それにプラスして自分なりの音夢ちゃんというのもしっかり出していきたいです。ゲームのことも事前にちゃんと調べて知ってましたし、きちんとオーディションを受けたときは絶対受かるんだって意気込んでました。妹萌えっていうのをキチンと演出していきたいですね。音夢ちゃんは、兄さんの前とほかの人の前とはの2面性を使い分けている女の子なので、かなり感情も幅広く演じて聞かなければいけないなと注意しています。
泰 勇気
(朝倉純一役)
最初にいわれたのは、あんまり格好よくならないようにってことです。主人公的立場ですが、普通……どちらかというとだらしない学生を演じるようにしています。いっぱいこれからいろんなヒロインが登場します。その中でも慕ってくれる女の子も出てくると思います。アドバイスとして言われたのは、10の愛情をひとつづつ割ってそれぞれに与えるんじゃなくて、どの女の子にも10の愛情を注ぎなさいということでした。そういった全力投球な気持ちでやっていきたいですね。
田村ゆかり
(芳乃さくら役)
もちろん、もともと音声があったわけですから、イメージをくずさないことは第一にしてます。あとは監督には「突っ走ってください」って(笑)。突っ走った分だけ、ほろりとした部分とのギャップがよりよくなると思うんです。
神田朱未
(天枷美春役)
ラジオドラマでモノローグを取ったんですけど……美春ちゃんてすごく明るいじゃないですか? でもドラマではとても静かでちょっと悲しい感じだったんです。でもアニメではまた明るい感じに戻っていたのでちょっと戸惑ったんですが、監督からは「語尾が突き抜けるように」ってアドバイスしていただきました。
伊月ゆい
(水越萌役)
何度もいうようですが、ゆっくり喋る子ですが、芯のしっかり通った部分もあるんです。ゆっくりゆっくり喋りながらも、純一君への恋心は、そのように一本が通ったしっかりとした主張をできていけたらいいなと思います。
松岡由貴
(水越眞子役)
現場に来てみたら、もうかわいい声の声優さんばかりで、でも私の役柄はスポーティで男勝りな感じなんですよね。だからかわいさよりも元気っぽさを出して差をだしていきたいと思いますね。でも元気っぽさも、お姉ちゃんと一緒にいるときはなんか吸い取られているイメージが(笑)。
岸尾大輔
(杉並役)
性格はアレですが、見た目かっこいいですよね。でもかっこよさよりも、それ以外の表情をちゃんと出したいですね。余裕のあるお兄さんのような……ちょっと大人なイメージで演じています。
松来未祐
(鷺澤頼子・美咲役)
頼子が活躍するのはもうちょっとあとなので……そんなに言えることは少ないのですが、女の子のかわいい部分が全面に出ているヒロインが多い中、頼子は内にこもっちゃう女の子でありながら一生懸命主人公を想うもどかしさをアピールしたいです。自然にセリフが出てくるように。
松井菜桜子
(白河暦役)
男言葉っぽい言葉が多いのですが、それは宝塚の男役のようなイメージでやってます。かわいい女の子たちのまとめ役になって欲しいと言われましたが、逆に彼女たちから若いパワーをもらって、26話が終わる頃にはみんなの中に自然に溶け込めるようになっていればいいと思います。
桃井はるこ
(うたまる役)

うたまるって謎なんです。置物みたいな……台本の注意書きには“生きてます”って(笑)。でも目ぱちはないそうです。リアルに「ニャー」っていうのも違うなぁって感じですね。音響さんから自由にやっちゃってくださいっていわれているので、いつもあっけらかんと人間がやっていることを眺めている、達観したネコとして演じていきたいです。